真鰈(白子入り)の煮付け

 北海道 真鰈の煮付け

旬の食材、真鰈。しかも白子付き。白菜を敷くことできれいに煮ることができる。ごはんにもお酒にもどちらにも相性ばっちりで食べ応えあり。

材料

真鰈(白子いり)2切れ(約530g)
生姜 1片(多目)
白菜 4枚(葉の柔らかい部分)
小松菜(付け合せ用)少々
醤油 大さじ2
砂糖・酒・みりん 各大さじ1½
昆布と椎茸のだし汁50ml
少々

作り方 

1. カレイの表面にXの切れ目を入れる(味がしみこむように)→熱湯を両面にかけて臭みと汚れを取る

2. しょうがを千切りにする(好みだが多めに入れると美味しい)

3. フライパン(鍋)にすべての調味料を入れてひと煮立ちさせる→白菜と生姜を敷く→カレイをのせる→しょうがをカレイの上に少しのせる→落し蓋をする→7分ほど煮る→スプーンで煮汁をカレイにかける→5-6分煮る

4. 中まで火が通ったのを確認したら出来上がり

ポイント

前にも紹介したが、白菜を敷くのがポイント。少ない調味料でもなべ底にひっつかない。今が旬の真鰈、白子もすっごく美味しくて食べ応えばっちり。もちろんお酒のお供にも。個人的にはしょうがを多めにするのが美味しい。

細かい魚の煮つけの手順は 「魚の煮付け(金目鯛)」で。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中