白菜とかぶのホワイトシチュー(食物繊維たっぷり)

白菜とかぶのホワイトシチュー(鶏むね肉)

白菜とかぶが美味しいこの時期、ホワイトシチューが美味しくなる。小麦粉の代わりに押し麦でとろみをつけて、食物繊維もしっかり摂取。鶏のむね肉をりんごで柔らかくしておくといい。もちろん、鶏ももや手羽元にしてガッツリと食べるのも美味しい。かぶの葉っぱでビタミンC もばっちり。

材料(4人分)

鶏むね肉
・りんごすりおろし
・塩
・小麦粉
300g
30g(⅛切れ)
一つまみ
小さじ2
玉ねぎ
・塩
1個半(約330g)
二つまみ
じゃがいも中3個(約250g)
人参小2本(約170g)
かぶ小3個(約200g)
白菜約200g
エリンギ(今回は冷凍)小4本
400ml
押し麦(ふやかすもの)大さじ4
ローリエ1枚
牛乳125ml
塩・こしょう一つまみ
バター15g
かぶの葉適量

下ごしらえ

  1.  押し麦に水をいれてふやかす(20-30分くらい)

作り方

1. 鶏むね肉の皮を剥いでそぎ切りにする(鶏の皮は出汁に使うので捨てない)→すりおろしたりんごと塩で良くもみ漬けて置く

2. 玉ねぎ:千切り 人参:乱切り じゃがいも:乱切り かぶ:⅙くし切り

💡写真のじゃがいもは小さいじゃがいも

3. 熱した鍋に油を敷いて玉ねぎがしっとりするまで良く炒める(少ししっとりしたら塩を入れる)→鶏の皮、にんじん、じゃがいも、水、押し麦、ローリエを入れて15分煮る(ひと煮立ちしたら弱火)→白菜、かぶ、塩を入れて15分煮る

4. 鶏の皮を取り出す→かぶの葉っぱを入れて3分くらい蒸す→取り出して2㎝くらいに切る

5. 鶏とエリンギを入れて10分煮る→牛乳を沸騰させないように3-5分ほど煮て火を止める→バターを入れて混ぜ、塩コショウで味を整える

6. かぶの葉を飾って完成

鶏の皮

鶏の皮が苦手なので、剥がしてしまうのだけれども、剥がした皮は洋風スープを作るときの出汁に使う。冷凍しておくととても便利。化学調味料は使わずに美味しく洋風出汁を取ることができる。

押し麦

個人的に押し麦は白米と一緒に炊くよりスープと一緒入れるのがお勧め。とろみも出るし、繊維も豊富で一石二鳥。