traffic light display
traffic light display
Photo by JESHOOTS.com on Pexels.com

ちょうど通勤通学の時間だった。その通り沿いにある学校の中高生、近くの小学生、駅に向かう社会人など、多くの人も車も行き来する駅へと続く道を走っていた。

ランニングする私の前方には小学校2年生くらいの女の子が3人、おしゃべりをしながら歩いていた。歩道沿いの進行方向左手にあるマンションから原付バイクに乗る男性が出てきた。男性は止まって、小学生が先に通り過ぎるのを待った。

しかし、その次の瞬間女の子たちは立ち止まり、バイクとは2mくらいの距離をしっかりと置いて、3人とも手を左から右に振り、バイクに先に行くように合図し全く動かない。おしゃべりもせず3人で同じ動作をしている。男性は左右確認し、先に車道へと出て行った。

私はその「大人な」7・8歳くらいの少女たちを見てとても感心したと同時に、深く反省した。

自他ともに認める「せっかち」である。歩いている前方の信号が青だと走る。点滅し始めると猛ダッシュする。連れがいても「走るよ」と形ばかりの声をかけて、走り出す。もう20年前後この妻・母と一緒にいる夫や子供たちはもはやもうついてこないが、同僚や友達はびっくりする。走らないのはよほど具合悪いときだが、具合が悪いことは滅多にない。交差点は走るものだ。

あの少女たちのような心の余裕が微塵もない。時間の余裕ではなく、「心の」なのだろう。別に急いでいるわけでもないのだが、待つのが好きではない。特に大都会のスクランブル交差点はタイミングが悪いとやたら待つ。その待つ時間がもったいないように感じてしまうのだ。そのうち、家の近所だろうが、田舎だろうが、「青信号=走る」という方程式が脳と身体に染みついてしまったのだ。

そうやって時間を切り詰めて、走りに走っていろんなことをやりくりして来たのも事実だが、もう保育園や学校にお迎えに行く必要も、急いでご飯を作る必要もない。これからはもっと心にゆとりを持って、「明日やればいいか」くらいゆったり構えて生きて行けばいい。などと考えていると、目の前の信号が点滅し始めたので、右折の車に頭を下げ、猛ダッシュで交差点を渡り、今日もまた元気にランニングをした。私が大人になれる日は遠い。

おすすめ記事

6件のコメント

  1. 心の余裕は持ちたいですね。最近、運転中に特にそう思います。譲った後も譲られた後も、すごく気持ちが良いんです。ず~と持ち続けたいです(*^_^*)

    1. 本当に、、、(反省)
      ランニング中は止まりたくないので信号がないところを走るようにしています笑

      車はたまにしか運転しないので、基本譲ります。超安全運転。

      そして、初心者マークの車はすべて我が子と思って優しく接します笑

      1. 優しく接すると自分の心がウキウキして来ます。当たり前の事ですが凄く良いことをしたような気持ちです(*^_^*)

      2. 当たり前の挨拶が出来たときが一番気持ちが良いですよね。

  2. 子供達の対応が素晴らしいですね
    子供が大人に譲る感じで
    こころの余裕ね
    私はもう歳ですから信号などは点滅したらもう止まります
    と言うのは、私出掛ける時はヒール👠(平均は5CM,もっとの時も^^;)を履くので
    街中で慌てて信号渡ってもしこけたり、転んだりしたらと思うと・・・・
    (人の目は、あのおばさん歳なのに👠なんか履いて、転んでるよ~~と思われるかなと^^;;;)
    確かに街中の信号は長い、でも仕方ない無理はしない方が良いなと
    バスも然り。。。。少し急げば乗れそうだけど。。。。無理して何かあったらと・・・・
    CoccoCan さんはお若いから機敏に動けるでしようから
    でも、色んな意味での心の余裕は必要ですね^^

    1. 平均5㎝ものヒールを履いていらっしゃるとは、おしゃれです!! 仕事のとき以外はヒールは苦笑
      反省ですね。これも。

      いや、動ける動けない以前に、あの少女たちのような精神が必要だと猛省しております!!

コメントを残す

Follow Me!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。