時短料理:夏野菜と鶏の中華炒め

時短料理:夏野菜と鶏の中華炒め 

鶏もも肉を小さめに切って夏野菜と炒めて作る時短料理。ごま油が香ばしく食欲をそそる。一味やしょうがを足して味変をしても美味しい。ご飯、つまみにも最適だが、そうめんや冷やし中華の具にもピッタリ。

材料(2人分)

鶏もも肉
ー酢
約180g
小さじ1
いんげん
ー塩
120g
1つまみ
なす
ー塩
1本
1つまみ
酒・みりん・醤油・オイスターソース
ごま油
各小さじ1
小さじ½
白ごま・すりおろし生姜・一味好みで

作り方

1. 鶏もも肉を一口の大きさに切る(炊き込みご飯を作るくらいの大きさ)酢を入れて混ぜる →なす全体に竹串を刺し、半分に切ったら皮に隠し包丁を斜めに入れる →なすを8等分にして塩もみする →いんげんのすじをとり3-4㎝に斜めに切り、塩もみする →熱したフライパンに油をしき、もも肉を強火で1分半炒める →酒を入れて蓋をして30秒蒸す →いんげんとなすを入れたら、みりんと醤油を加えて2-3分ほど炒める →火を止めてごま油を加えて混ぜる

2. 白ごまをかけて完成 (一味・七味・しょうがで味変も良い)

時間をかけたくない

この季節台所に立つ時間を短くしたい。肉を小さめに切ったり、串を刺したり、隠し包丁で火を通りやすくしたり、火を使う時間を短くするのも一つの方法。また食材の大きさを揃えることにより、肉と野菜を一緒に食べられて、口に入れたときの栄養や味のバランスが良くなる。

写真がぶれてしまったのだが、しょうがを入れると爽やかになり、この味変もなかなか良い。そう思うとぶっかけうどんやそうめんでも美味しいはず。

一味を振りかけても良いし、辛いのが好きならば最初から鷹の爪を入れて炒めるのが良い。(うちにはおこちゃま次女がいるので一味で我慢)

おすすめ記事

9件のコメント

  1. 似た感じの料理、私もよく作ります(^-^)
    ピーマンやししとうを使うことが多いのですが、この時期インゲンも良さそうですね。
    なるべく火を使わない方向、ほんとそれにつきますね。
    最近は熱中症も怖いので料理する前に隣のリビングのエアコンを入れてから作るようになりましたが、エアコンがキッチンにある訳ではないので、やはり汗だくになります。

    1. ピーマンやしし唐で作っても美味しいですよね☆
      料理していて、熱中症なんて洒落にならないです。私も気を付けます!!

  2. ヘルシーな鶏肉と夏野菜!この時季にいいですね。手軽そうなので私にも出来そうです?トライしてみます(*^_^*)

    1. いつも嬉しいコメントありがとうございます。
      ごま油以外の調味料を先に全部混ぜておくと手早くできると思います!!

      1. 有難うございます☺

  3. こんにちは^^
    夏野菜と炒めて作る料理ですね
    CoccoCanさんはたしか扇風機フル活用でしたから
    時間をかけず美味しくいただく術に拍手です(*^0^*)~♪

    1. 台所が一番きつい場所ですよねw
      でも栄養があるものが食べたい笑

  4. パッパッパと出来ていいですね^^
    暑い時は、ガスの側は短い方がいいですからね

    1. もう、本当に時間勝負です笑。

CoccoCan へ返信する コメントをキャンセル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。