またね(後編)~大学と別れ~

row of books in shelf
row of books in shelf
Photo by Pixabay on Pexels.com

またね(前編)~大学と出会い~:続き

海外での生活はどんなに楽しくても、永住しない限り必ず別れが来る。Yが本国に帰国することになった。彼が当時使っていたSMSやe-mailアドレスはA国を出国する前にもう使えなくなる。当然Yの本国での連絡先など明かされるわけがない。永遠の別れだ。連絡を取る手段もないし、互いに会いに行く方法もない。近況を聞くことも、彼の成長を知ることもない。私たちは誰も。

これまで、いろんな国の人と会ってきたが、経済的事情で本国を離れるのは難しい人は知っているが、連絡が全く取れないということはほとんどない。(そういう地域しか行っていないだけなのだが)しかも、こちらから会いに行くことはできる。生きているのに「永遠の別れ」。

Yとの出会いはもう一つ大切なことを確認させてくれた。日本とYの母国に国交はなく問題も山積みである。その「国と国との問題」はもちろん一国民として向き合うべきことだと思うけれども、でもやはりそれは「国と国との問題」である。「国と国の問題」は一人のクラスメイトを嫌う理由には絶対にならない。

Yは少し大人びて賢かったけれども、普通の炭酸好き・ジャンクフード好きな16歳だった。いろんな制約があって行動しているが、束の間の留学先で、世界を広げて色んなものを吸収している子だった。きっと彼は母国で日本を敵対するような教育を受けて来ただろうが、彼が最終的に信じたのは目の前のクラスメイトだったと思う。自分の目で見て話して、一緒に行動した留学先の“友達”だと思う。

批判があるのを承知で言うが、Yの母国に関しては日本人として問題視をしているが、人として私があの頃のYを敵視することはない。

もう彼は今20代後半だ。国の幹部候補生として何かしらの仕事をしているだろう。彼の成長を知る術はこれからもない。ただ、どうしても「またね」ともましてや「さよなら」とも言えなかった、もう二度と会えない淋しさをかみしめた“10数年前”はずっと消えない。ただただ、「元気でね」としか言えなかった。うちの子供たちは既にあの頃のYの年齢を超えた。そして思うことはただ一つ。無事でいて欲しい。

Yの帰国の日、私は彼に最後のショートメールを送った。

「私たちはあなたの友達だよ、ずっと」

おすすめ記事

11件のコメント

  1. 大変考えさせられるお話でした。
    私にも外国に永住する親戚がいたり、外国籍の方と一緒に働いていた経験はあるので、その考え方には共感しかありません。
    各々の国に思うことはあったとしても個々の方々はみな「人」で、それ以上でもそれ以下でもありません。
    昭和の昔であれば海外というだけで死に別れに近い感覚もあったようですが、これだけ世界が狭く便利になったご時世での「別れ」は、とりわけ心に残る経験だったろうと思います。
    話題の彼ですが、海外留学出来る身分で自国内で活躍出来るような方なのであれぼ、将来、どこかの海外ニュースで見かける可能性もあるのではないかなーと、そう思います(^-^)

    1. どこかの海外ニュースで!! 要人の後ろにいるかもしれませんよね!
      そう思うと、先が明るく感じられます。ありがとうございます☆

  2. ちょっとCoccoCanさんのお話とはずれるかもしれませんが、また”当然”会うつもりで、またね、と言っても予想外の別れが訪れてしまうこともありますよね。実家にいたころ、聞こえるか聞こえないかぐらいの声でけだるそうに”行ってきます”と言った時、母から返って来た言葉は”私はこの いってらっしゃい がひよっとしたら最後の言葉になるかもしれないと思っていつも全力で言ってるんだよ、だからもっとちゃんと行ってきますって言って欲しいな”でした。その場では、はいはい、と返事しましたが、玄関を出ると泣きそうになりました。なんだかそんな事を思い出しました。

    1. お母様の言葉は染みますね。
      「またね」は”当然”ではない、、、
      分かっているようでわかっていなくて、時々確認しながら、人との関りを大切にしていけたらいいなと思っています。

  3. こんばんは^^
    グローバル化の時代で国交がないのは悲しいですね
    CoccoCanさんの私たちはあなたの友達だよ、ずっと…のショートメール響きました(*^0^*)~♪

    1. 何でもオンラインで出来る時代なのに、、、叶わないこともまだまだあります。
      最後のショートメールは悩みに悩んだ彼へのお応援メッセージなので、pikaoさんに響いて嬉しいです♪

  4. 国交がない国のクラスメイトとは永遠の別れになってしまい辛いですね(^^)/でも、いつか国交が回復した暁には覚えてくれていて会える可能性もありますね。そう信じたいです(*^_^*)

    1. 前編ですでに後編の内容をいつの間にかご存知なのか?というwakasahs15thさんのコメントに実は驚いていましたw

      覚えてくれていると良いですね。本当に。wakasahs15thからコメントいただくと、覚えていると信じられる気がします!!

      1. きっと、会えますよ再見ですから(*^_^*)

      2. はい!!

  5. […] 次回:またね(後編)に続く […]

CoccoCan へ返信する コメントをキャンセル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。