ワーケーションってどうよ?【バケーション面】

「ワーケーションってどうよ?【仕事面】」からの続き

【休暇 vacation面】

休暇時間を作るために、いつも以上に忙しく仕事を詰めていたので、どこに観光?するかを調べる時間などなかった。そもそも、宿で海を見ながらのんびりするのも一つの「休暇」だったし。元来あまり詳しく調べずにざっくりと、行き当たりばったりで旅するタイプの夫婦なので、それもまた楽しい。

1. 場所選び:我が家は車がないので、電車で移動できる場所をチョイス。(前回の氷見もそうだった)私たちが滞在した場所は駅から徒歩7.8分の場所で、目の前は海だが、普通に日用品が何でもそろうようなショッピングセンターが徒歩15分くらいにある。

2. 移動距離:泳ぐような季節ではなかったが、海までは1分、買い物は10分、駅の裏手の山(みかん畑)の入り口までは7.8分という立地。移動は、宿が貸してくれた自転車。これに乗って、7日間で走行距離65㎞。自転車って便利!

丸一日は、自転車で小田原まで行って、小田原城・小田原港を中心としてグルグルと観光。自転車で気楽に好きなところで途中下車できるのが良い。

もう丸一日は、電車で箱根の温泉へ行ってきた。片道30分もかからずに到着。思い立ったら日帰り温泉にすぐに行けるなんて、ワーケーションならではだ。宿の手配がいらないのもいい。

3. 地元食材:良いスーパーを見つけたことと、至る所にある無人野菜売り場で地元の新鮮な食材を手に入れることができ、美味しい酒と一緒に食すのも楽しみの一つ。

4. 連続して観光をしない:旅行だけが目的だと、毎日連続してあちらこちらに行く。それはそれで楽しいのだが、疲れる。遊んだ次の日に仕事をして、次の日また遊びに行くから仕事も集中する。気持ち的にも、身体的にも悪くないバランスだ。

【総合的には】

昔、家族で海リゾートに旅行すると、パラソルの下でのんびりと本を読んでいる人たちがいた。私たちは、ついつい忙しなく海で泳いだり、シュノーケリングしたり、なかなか「のんびり」する家族ではなかった。でも、今回は「パラソルの下で仕事をする」みたいな気分だった。

「宿泊費を出して、仕事するなんてもったいない!」と思っていたが、ON/OFFの切り替えがあんなに出来ると、仕事も潤う。上手く言えないのだが、風景が変わるだけで心にゆとりが出来るというか。

ただ、ホテルではないので、掃除も洗濯も炊事も全部自分たちでやる。(外食すればいいのだが)調味料や包丁なども持って行くので、荷物は多くなる。なので、そう言うのが好きな人ではないと、、、なのだろう。

また仕事面では、いつもより互いの距離が近いので、打ち合わせ内容は選んだ方が良い場合もあるかもしれない。

私としては、海を見て、富士山を眺め、仕事の合間にせっせと買い物へ行き、せっせと干物を作る生活。うん、悪くなかった笑

おすすめ記事

10件のコメント

  1. 駅から近くスーパーもあって新鮮な野菜も手に入る、抜群のロケーション。それを存分に上手に楽しめた大成功例ですね。そういう楽しみ方が出来る人には最高の場所。CoocoCanさんの旅の仕方、すごく好きです。海外版も読みたいです。

    1. 褒めていただき、ありがとうございます!! イタリア旅行が最後でしたね、、、家族でキッチン付きの宿を取って行ったのは。目ぼしい写真があれば、思い出しながら笑

      1. イタリアでキッチン付きの宿、いいですね!スーパーに売ってるパンもパスタもみんなすごく美味しいし、料理するのがますます楽しくなりそうな国です。CoccoCanさんの文章なら写真がなくても絶対楽しいです!しなさそうですがネタ切れした時にでも(笑)

      2. ありがとうございます笑
        ネタ切れしそうな時に書いてみますw

  2. 楽しいワーケーションですね。
    自炊だと、まずは一通り売っているスーパーなどが近くにある必要がありますね。
    それと自転車移動の観光は素晴らしいです。箱根が近いんですね。でも自転車で箱根へは急な坂では無かったですか?
    美味しい日本酒も見つけましたね(*^_^*)

    1. 箱根はさすがに電車で行きましたw 小田原から小田急線で。
      調味料や包丁類は自分で持って行ったので、やはり重くなりますね。でも、現地調達と言う手もありますし、今回の宿は基本的な調味料を沢山揃えてくれていました!!

      日本酒、地酒を何種類も堪能しました笑

  3. こんにちは(^^)
    CoccCanさんが利用された民泊は確かに、駅近でお買い物の場所も苦労しない所ですね。ワーケションには最適だと思いますよ。
    自転車は普段使いますが、それによって行動範囲は格段に広がるので宿泊先での利用は理に適ってますよ。自炊しながらの旅って憧れてますが実現は出来てません。女房が定年したら思いっきり出来ると思ってたんですけどね(苦笑)
    今は宿泊旅は難しいですが以前、旅が出来てた頃は格安のビジネスホテルをよく利用してました。食事は地元のスーパーへ行ってローカルな感じのお弁当やお惣菜を買い込んで食べてました。海外も国内も旅先のオリジナルな食べ物を食べるのが、旅のだいご味だと思ってます。

    1. そうなんです!! ローカルスーパーがある土地は、別に料理しなくても「地元食材」で美味しいお寿司や総菜がありますよね!!

      自分では作ったことのない食材などは本当に面白いですし!!

      うちも格安宿でいっぱいそう言う度をしました♪

  4. 楽しそう~~!!
    私もCoccoCanさんの隣に家を借りて、ワーケーションしたくなりました。
    晩酌時には伺います🍶
    (↑そこ?)

    1. 良いですねぇー、tabisurueisyoushiさんセレクトのお酒を飲みたいです♪ 是非是非、日が暮れたら隣に来てください笑

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。