岩手県産:ニシンの白子の素焼き

岩手県産:ニシンの白子の素焼き

去年も食べたニシンの白子の素焼き。秋鮭の白子よりも味が濃い。少しずつカットしながら食べるのが良い。ご飯というよりもこれはお酒のおつまみ。魚を丸々一尾買うとこういう宝物が付いてくる。

材料(2人分)

白子1尾分
酢・醤油各小さじ1

作り方

1. 白子の中に酢と醤油を入れて良くもみ、数時間~一晩寝かせる💡→グリルを2分予熱する→強火で5分ひっくり返して2分加熱する→皿に乗せる

2. 盛り付けて完成

ニシンと言えば

ニシンと言えば数の子の方が有名だし、重宝されるのだろうが、この白子は絶品である。フグ・鱈・鮭・鰤などどれもそれぞれ味わいが違うので美味しいのだが、このニシンの白子は味が濃くてとても美味しい。珍味である。

旬の魚を丸ごと買うと、真子や白子が入っていたり、立派なレバーや心臓があったり、胃の中に別の魚が入っていたりと楽しみがある。特にニシンは鱗を取るのが簡単なので、捌きやすい。生のニシンは鮮度が落ちやすいので、見つけたらその日のうちに捌いて調理して。

おすすめ記事

12件のコメント

  1. これは数日前に登場したニシンの白子ですね。写真で見てすごく立派だなと思いました。思わず魚のパックの値段も見てしまったのですが、外で白子を食べるとその魚(全体)の値段の何倍もしますよね。まさに宝物!

    1. そうなんですよ。やはり一尾で買うメリットは大きい。何が入っているか分からないのもまた楽しいです笑

  2. 新鮮なニシンが手に入って捌ければ、こうして美味しい白子にありつける訳ですね。
    美味しかったでしょうね(*^_^*)

    1. 今回は2尾1パックで、白子と真子だったので大当たりでした☆ 

  3. こんばんは(^^)
    白子を焼いて食べた事はないです。我が家では鱈の白子を味噌汁に入れてました。
    新鮮なニシンが手に入ったら食べてみたいです。

    1. 鱈の白子も焼くとまた風味が変わって美味しいですよ。ニシンの白子も絶品です。
      魚は一期一会なので、いいタイミングで出会えると良いですね☆

  4. わー美味しそう!白子大好きなんですよ。ただニシンの白子は食べたことないと思うし、焼いたのもないかなぁと思います。煮魚みたいに煮てました。

    1. 白子美味しいですよね!! 鱈のように柔らかい白子はゆでたり、煮たり、ですが、鮭やニシン、ぶりなどはグリルで焼いたり、フライパンで焼いてガーリックバター醤油や、ガーリックオイルとバジルなんていうのも美味しいです(エリンギやマッシュルームと一緒に)

  5. 焼き白子の美味しそうなこと!
    お酒が進む案件ですね。よだれが。。。
    手間と希少性がお値段に反映するパターンですね。さすがです(^-^)

    1. これは、日本酒です笑 白ワインやスパークリングでも良いのですが、寒い季節なので、やはり日本酒が笑

  6. 新鮮な魚を買うと楽しみが沢山あるのですね。
    白子の素焼きか〜良いですね。

    1. ちょっと大きめのわらさ、はまち、かんぱちなどは胃に小さい魚がいることもw それもしっかりといただきます笑

      今回のように、2尾で真子と白子がゲットできるのは本当にラッキーです☆

mic.mimic へ返信する コメントをキャンセル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。