美意識の高い男子

美意識の高い男子

サッカーへ行くために電車に乗っていると、途中の駅から乗った18.19歳くらいの男の子が隣の席に座った。しばらくするとその男の子がリュックからポップティーンを出して、ペラペラと読み始めた。

この雑誌は私が中高生の頃には既にあったので知っている。その頃から今まで、そう言ったファッション雑誌を読み漁るような「女子時代」を経験していない私。しかも、上から下までジャージで「少年」に間違われるサッカースタイルの私。隣の男子の美意識の高さにただただ感心するばかりだった。

男性ファッション雑誌も色々とそれなりにあるし、今はコンビニでもドラッグストアでも「男性化粧品」や「男性向けシャンプー」などの基礎化粧品やコスメも多い。電車に乗っている「部活男子」も、リュックのポケットに「制汗スプレー」「汗ふきシート」「制汗剤(ミスト)」の「3種の神器」を入れている。「どれか一つ」ではない、「3つ全部」である。

アクセサリーはもちろんのこと、ファンデーションや化粧をする男子も増えているし、男女どちらが着ても可愛い素材とデザインのパンツも増えている。ジェンダーレスは確実に浸透してきていて、レースやリボン、ラメやパステルなど「可愛いもの」「キレイなもの」「きらびやかなもの」にもう性別はない。

そんなことがあった週明けの今日、高校・大学と一緒の友達とドライブに行ってきたと言って帰って来た長女が珍しくお土産を持っていた。聞いたら、車を出してくれた友達がSA(サービスエリア)で「ここのどら焼き美味しいんだよ」と、娘ともう一人の友達にお土産を持たせたくれたのだ。車を出してくれているのに、送迎付き・お土産付き、至れり尽くせり、「素敵男子」である。

その男の子は大学で独り暮らしをしていたのだが、コロナになって実家に帰り、その際にうちの娘にTV・トースター・炊飯器などをくれた子だ。高校の保護者会でお母さんともお話をしていて、プロ級のお菓子を作るお洒落マダムである。娘曰く本人も穏やかで優しい子らしい。

もらったどら焼きは、「特選小倉」「苺ムース」「マロンムース」の3種類。3等分にして3人で3つの味を堪能した。さすがスイーツマダムの息子‘sチョイス。甘さ加減、切ったときの断面、生地との味のバランス。どれもこれも美しく、おいしかった。

ここにも美意識の高い男子がいた。食べることに夢中で、3人もいるのに、誰も写真を撮らない「我が家の女三人衆」とは大違いである。

「男子」「女子」なんてもう時代遅れだとしみじみと感じ、そしてもう少しだけでいいから、高い美意識を持って暮らさねばならぬ、、、と反省した。

おすすめ記事

12件のコメント

  1. そういう世界でも男尊女卑なだけかもしれませんが、シェフやデザイナー、画家etc 一流のアート系・職人系の人って男子が多いですよね。美意識というと女子の方が備え持ってる率が高いと思われがちですが(この人は違う)、実は男子の方がそういうセンスがあるのかも、とちょっと思いました。

    1. 職業に関しては、歴史的にどこの国も「女性は子供を産んで家を守る」という風習があって、どんなに能力があっても「仕事」として女性を職人にしない時代がありましたよね。

      歴史的な職業とは別に、mic.mimicさんのおっしゃる通り、本当は昔から美意識に性別なんて関係なかったのに、やはり「男は何色」「女はこの色」という「決めつけ」があっただけなのでしょうね。

      繊細で器用な男性も多いですし☆

  2. はい、仰る通り若い男性の美意識は凄いです。
    昔は男性は化粧なんて無関係でしたが変わっていますね(*^_^*)

    1. 「化粧水に日焼け止め」は必須アイテムですよ、今の男子は!!!
      気配りが出来る素敵男子が増えてくれるのは大歓迎です笑

  3. (‘-’*)オハヨ♪ございます。
    私は元々そう言うのに無頓着なので、男性用化粧品が増えてるのには(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!ですよ。時代の変化だと思うので否定はしませんが私が利用する事はないと思ってます。なので、加齢臭満載のジイジになってると思います(笑)
    美意識のない人はいないと思ってます。美に対する尺度は人それぞれだと思うので、他人が見れば( ̄◇ ̄;)エッと思える事もその人にとっては美なんじゃないかな? 美だけでなく男だから、女だからの時代は終わりつつあると思ってます。

    1. まさに「美に対する尺度は人それぞれ」ですね!!
      色んな価値観が受け入れられてきているのは、本当に素晴らしいことで、楽しいことです☆

  4. 甥っ子が使っている様々な身だしなみアイテムは職業(モデル)のせいかと思っていたのですが、いまどきの普通なんですねぇ。
    言われて見れば確かに、コンビニに置いてある男性向けの品揃えも年々増えている気がします。

    美容に関する意識低い系おばさんとしては何も言うことはありませんが(笑)、食べ物に関する意識(執着)高い系おばさんとしては、意識とは欲である、と思います。

    欲は人それぞれ、好みもみな違いますね。

    私より遥かに食に対する執着の高いオットと長年暮らしているので、本当にしみじみそう思います(^◇^;)

    1. 「意識=執着=欲」分かりやすいですね!!
      「美」の概念も人それぞれですしね。「人それぞれ」と多様性が認められて、広がって行っているのが、本当に好ましいなぁーと思います。

      私の美は「出来るだけナチュラル」で、使っているもの(石鹸・化粧水など)も食べるものも出来るだけ添加物がないもの、だったり自然素材の衣類だったり、、、それはそれで「美意識」ですね笑

  5. うちの旦那はドクターシーラボのビタミンCの化粧品使ってますよ(笑)
    父親もシミを気にして使ってますね~。
    口に出さないだけで多いんじゃないかな?なんて思ってます(^^)/
    でも、だからといって、最近のジェンダーレスの男性の感じはちょっとついていけませんが…(^-^;

    1. おぉーーードクターシーラボですか♪ご主人様、素敵なのを愛用されていますねw
      昔から色白の男性は日焼け止めや化粧水はやるかたいらっしゃいましたね。うちの父もそうかも。
      確かに、あまり大っぴらに言えない雰囲気は多少あって、「口にしないだけ」かもしれませんね笑

  6. 読んでて思い出しました。息子が通ってたLAのG5だった時にお初の性教育の授業。で男子たちにはデオドラントが身だしなみだよ!って言われたみたいで(笑)学校帰り際にWALLMART寄って息子に買わされました^_^

    1. 私も帰国子女なので分かりますが、欧米人の成長と日本人は何が違うの?と思うくらい違いますよね笑

      「清潔感」は老若男女、万国、必須項目ですね笑

5CHISO3 へ返信する コメントをキャンセル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。