18歳の門出 父の思い

18歳の門出 父の思い

次女Coccoは小6の途中で10か月ほど夫の単身赴任先に転校し、そこの小学校で卒業を迎えた。次女が転校した理由はここでは割愛するが、かなり悩んで夫と二人暮らしさせたその土地は、当時のCoccoには最適で、結果論だが次女も家族も良い方向に進むことが出来た。

その田舎町は素朴で、都会暮らしをしたことがない次女には新鮮だった。散歩していれば、敷地内に「蔵」があるの家は珍しくなく、役所や大企業が近いこともあり、公務員をはじめとし、法律・会計関係の仕事や、地元に勤めている親御さんも多いようだ。

1年もその場所にはいなかったのだが、父子暮らしの娘に親切にしてくれる友達が多く、色んな友達の家にお泊りをさせてもらったり、行楽地に連れて行ってもらったり、今思い出しても感謝しかない場所である。

父子暮らしになってから、私は仕事の都合を付けて、当時受験生(中学生)の長女を家に残し、次女のお友達への土産を持って、毎月2・3泊その田舎町に通って家の中を整えていた。

あれから6年。その小学校時代の友達Aが、東京の大学に進学するという。かつてお泊りもさせてもらったこともあるA。Aは生まれて初めて地元を出る。高校も徒歩で通える地元の学校へ進んだので、「初めて」外に出ることとなった。

そんなAはうちのCoccoを思い出してくれたらしく、すぐに連絡をくれた。というより、毎年年賀状をくれるようなマメな子である。初めての都会、しかも独り暮らし。Aは想像以上に心細かったらしく、都内で次女と再会した時は心底ホッとした顔をしていそうだ。

Aと再会して帰宅した次女が持って帰ってきたものが、冒頭の写真の「手羽先」である。女子高生が女子高生に渡す手土産としてはなかなかシュールである。Aのお父さんセレクトとのこと。手羽先片手に渋谷の街で遊んでいたらしい。

私は思わず次女に「あなた小学生の頃からおやじくさかったの?」と聞いてしまった。お父さんは当時12歳のうちの娘に「手羽先」をイメージしたのだろうか。娘とケラケラと大笑いした。

お父さんが「手羽先」を選んだ理由は分からないが、初めて地元を出て、東京で独り暮らしをする娘を心配する気持ちが伝わってくる。関東に親戚はいるらしいし、入学すればそのうち仲の良い大学の友達もできるだろうが、昔から気心の知れている同級生が近くに住んでいるのは、親としては安心なのだろう。

娘が「心配」な気持ちと、次女に対する「よろしくね」の気持ちが、きっと自分の好物の「手羽先」になったのではないだろうか。私からすると「上京という節目に、うちの娘を思い出してくれてありがとう」である。仲良くしてくれて、本当にありがとう。

思い出も信頼関係も過ごした月日の長さではないのだな。18歳、学生生活楽しんで。輝かしい未来が待っているよ。

おすすめ記事

16件のコメント

  1. ナイスチョイスです。こちらの手羽先は煮てあるものなんですね?名古屋名物は揚げてあるものと思っていましたが。コショウがたっぷりかかっているものは揚げ物が苦手な私でも美味しいと思います。そして、あのシュワシュワと合うんだなー。

    1. 絶妙なチョイスですよねw
      ういろうでも、坂角総本舗のえびせんでもなく。大喜びしましたよ!!
      手羽先とシュワシュワは永遠の親友ですよね!!
      これは醤油漬けで煮てあって、後から表面を軽く炙っても良いと書いてあります。

      せっかくのお土産なので、長女が帰省したらみんなで食べようかと!!

      1. 炙ったら美味しそう!ひとつ試しに干してみます?(笑)

      2. ちょっと、、、ですが、やってみます笑
        ヤバイ、mic.mimicさんとのボレーがww

      3. あ、いやそんなに数ないと思うのでやめたほうがいいかもです。変化球は打ち返さずよけて下さい🎾(笑)

      4. いや、気になりますよね笑 
        でも、いただきものなので、そのまま炙って、家で醤油煮にしてから天日干しの炙りをやってみるのも面白そうです!!

        いつも良いアイディアありがとうございます♪

      5. 思いついたからって何でも口にしないように気をつけます。。。

      6. いえいえ、いつも楽しいヒントをいただいて、料理が楽しくなっています☆

  2. こんばんは
    お父様との生活が有ったのですね
    その中での良き出会い、付き合いの長い、短いじゃないですね
    短くてもこんな素敵なお友達が^^
    東京へ出てきたお友達もCoccoさんが居てくれて心強いことでしょう~~
    父の娘を思う気持ち^^

    1. 多感な小6という時期に次女を手元から手放すことが、正解かどうかわからず悩んだのですが、こんないいお友達に出会えてよかったです。
      「手羽先」にお父さんの愛情が感じられます♪

  3. お父様の単身赴任先へとは珍しいケースですが自然の多い街で暮らしてメリットも多かったと思います。
    手羽先は、きっとAさんの父上の好みなんでしょうね👏それともCoccCanさんが料理好きと聞いての選択だったかも(*^_^*)

    1. いやぁー、絶妙なセレクトで大喜びしてしまいました笑

      空気も水もキレイで、人様の温かさにも触れて本当に良い機会でした!!

  4. お父さん、なかなか渋いセレクトですね(笑)
    煮た手羽先もあるんですねぇ。
    タイミングが悪いのか、実は一度も名古屋名物の手羽先を本場でも他でも食べたことがありません。山ちゃんにも一度は行ってみたいのですががが。

    1. いやぁー、お父さんの愛情とこだわりが素敵ですよね☆

      そう言えば、私も「山ちゃん」行ったことがないです!! ヤバイ☆
      夫のところへ行くと、外食することがないので、、、

  5. こんにちは(^^)
    生活環境を変える為にご主人の単身赴任先へ・・・やってみる価値はありですね。結果が良かった様で何よりです。
    人との絆って言うのは時間ではなくて中身の濃さによってできると思います。穂とそれぞれに何が濃くするかは違うでしょうが。
    手羽先が好みである事Aさんに伝わってたんでしょう。。。

    1. 嬉しいコメントありがとうございます。
      最後の決断は、夫がしました。さすがに手放す勇気がなくて。
      本当に素敵な土地でした。
      手羽先好み!! 暗黙の了解で伝わっていたのでしょうね笑

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。