きのことベーコンのスープ

きのことベーコンのスープ

7月中旬から猛暑日と真夏日が続いていたのだが、台風の影響で今日は久しぶりの30℃以下の日。夜も25℃を下回ることがなかったので、今日はなんだか冷える。作り置きのベーコンと一緒にきのこと野菜をたっぷりと入れたミルクスープ。

材料(4人分)

玉ねぎ
ー塩
鶏の皮💡
キャベツ
ー塩
エリンギ・しめじ
自家製ベーコン(レシピあり)
中1個(約150g)
1つまみ
3㎝X4㎝X3枚
中¼玉(約300g)
1つまみ
各50g
約50g

ーローリエ
ーパセリの茎
牛乳
ー塩
400ml
1枚
3㎝X4本
200ml
2つまみ
ガーリックオイル(レシピあり)
こしょう・パセリ
大さじ½
適宜
💡無添加のコンソメでもOK:その場合は塩を減らすこと

作り方

1. 玉ねぎ千切り →熱した鍋に油(分量外)を入れて玉ねぎが透き通ったら塩を入れて炒める →鶏の皮を入れて炒める →キャベツを細切りにして鍋に入れ、塩をふってしんなりするまで炒める →エリンギ・しめじ(冷凍)を入れて炒める →ベーコンを切って入れる 

2. 水とローリエ・パセリの茎を入れ、中火で再沸騰させる →牛乳を入れて鍋の淵に気泡が出てきたら火を止める💡 →こしょうとガーリックオイルを入れて味を整える

💡牛乳が分離するので沸騰させない

3. パセリを飾って完成

急激な気温の変化

夜の1時2時くらいまでは窓を開けていないと寝苦しかったのに、明け方になると寒くなり、今日の日中の気温は25℃にも届かなかった。換気のために少し窓を開けただけで、今日は暖かいコーヒーを飲んだ。

明日はまた30℃を越える真夏日になる予報。日曜日は猛暑日になりそうだ。

季節の変わり目なのだろうが、この気温のジェットコースター、身体が対応できるように、温かい汁物をたっぷりと食べて、元気に過ごしたい。

汁だく洋風ドリア

ご飯にこのスープとチーズを乗せて焼けば、汁だくの洋風ドリアに。パスタを入れてももちろんOK。こういうシンプルメニューはアレンジがきくのが良い。

おすすめ記事

8件のコメント

  1. 日中の気温が25℃以下でしたか(@_@)それなら熱い飲み物が欲しくなりますね。
    ベーコンと野菜のミルクスープは最適ですね。
    こちらは雨も降らず真夏日でした。まだホットコーヒーを飲む気にはならないです(*^_^*)

    1. そちらは真夏日でしたか。
      猛暑日が続いていたので33℃くらいでも、身体が楽だなぁーとはおもいますが、30℃を下回るとグッと楽になります。
      25℃くらいだと肌寒いです。半袖と短パンでいるからなのですが笑

      久々にスープやホットコーヒーが美味しいと思いました♪

      1. こちらは、まだ真夏日なので冷たい飲み物が良いです。いつになったら通常に戻るのか待ち遠しいです(*^_^*)

      2. 本当に、今日はこちらももう真夏日。
        年々、夏が長くなっている気がします。
        寝苦しい夜がなくなっただけでも楽になったと思うことにしないと、辛いですね泣

  2. たぶん私たちは大丈夫ですが季節の変わり目は体調を崩しやすいのでこういう体に優しい食べ物がいいですね。

    ようやく朝晩は火を使うのが苦痛ではない季節になったのは嬉しいですがちゃんと料理をしない言い訳ができなくなるなと。

    1. >>ちゃんと料理をしない言い訳ができなくなるなと。
      →しっかりとしていらっしゃいますよ!!
      工夫もしていて、ユーモアもあって、刺し子もあって♪ いつも楽しく拝見しています!!

      1. いつもポジティブに見て下さってありがとうございます。気づいたらBeanの方は1ヶ月以上投稿していないという….だって海外料理って熱々が美味しい物が多いんですもん。

      2. そうですね。
        東南アジアの料理くらいですが、日本で材料が揃うものはほぼないですよね。
        青パパイヤもパームシュガーも現地のモノとは全然違いますからね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。