友達の言葉~頑張りすぎたら~

結婚前も結婚後も、どれだけの友達にお世話になったことか。

長女の育児休暇が終了して職場復帰した後、当たり前なのだが子供がいない前のようには仕事ができない。家事も育児もきちんとやっている。仕事もきちんとやっているが昔と違って時間の制約がある。

夫は終電、始発帰り、休日出勤、夜勤と信じられないような働き方をしていたのだが、若かったのと、身体も割と強い方なので、時間があれば家事も育児もする。(詳しくは「ワンオペ」を読んで)

夫は育った環境なのか、本人の考え方なのかわからないが、「女だから」「男だから」という考えはあまりないようだ。多分「出来る方がやればいい」「得意な方がやればいい」という合理的な考え方だと思う。

よって、お互い働いているのだから「仕事で疲れている」などと言って、家事育児を妻に丸投げして休日ずっと寝ているとか、自分だけ自分の趣味を満喫するということはない。労わりや感謝の言葉もあるし、その昔まだ私が育休中の生後4.5か月ごろ、珍しく夜泣きがひどくて、真夜中に憔悴しきっていたら、起きてきて「代わるよ」と私を寝かしてくれた。次の日出勤なのに。そういう人だ。

職場復帰後、どんなに努力しても昔のように仕事ができないことが悔しくて、歯がゆくて、どうにもならない「時間の制約」を受け入れることができず、その焦燥感は夫へと向かっていった。当然喧嘩になる。夫だってギリギリの睡眠な上、入社2年目で仕事上も言わないだけで色々とないわけがない。わかっていても、「もっとなんとか」「もっとどうにか」と自分にも夫にもはっぱをかけ続けていた。

そんなことをKちゃんに話したら、彼女は静かに私に言った。「お互い頑張りすぎるほど頑張っているから喧嘩になるんだよ。」

こう言われるまで、自分が限界くらいまで頑張っていることも、夫も全く同じであることも自覚できないでいた。疲れていたのだと思う。確実に。お互いに。余裕がなく、「もっともっと」と求めるばかりで、絶対的に必要な「労いと感謝」が抜け落ちていた。

そして、Kちゃんに「十分頑張っている」と肯定してもらえたことがとても嬉しかったのだ。当時、産休・育休を取っている社員がほとんどいない会社で、さらに男性上司や同僚の配偶者はほとんど専業主婦という環境の下で働くことのストレスもあったのだと思う。仕事をする上で時間の制約がある以上、家事も育児も仕事も「どんなに頑張っても認めてもらえない」という、ストレスが。だから、Kちゃんに「二人とも頑張りすぎなんだよ」と言ってもらって「これ以上頑張らなくても良いんだ」と現実を少し受け止められるようになった。

Kちゃんとの付き合いは、彼女の長男とうちの長女が生後4.5か月くらいからの友達で、知り合って約20年。国内外を転々としている我が家にとってありがたい友人だ。今も仲が良い。20歳の息子とも。

彼女の「十分頑張っている」という言葉は、子育てにも役立っている。どれだけ努力しても叶わないことも時にはある。そういう時はただ「頑張ったね」だ。甘やかしているわけではない。肯定でしかきっと育たないんだろうな。人は。と、グータラ次女の「ダメ」なところしか目につかない自分を今日もまた反省する。

Come back 8歳の頃の長女

A国から帰国し、B国へ行くまで11か月ほど日本で過ごした。夫は日本の別の場所で単身赴任だった。私はそんなに早くすぐにまた海外に行くとも思っていなかったし、なんと言っても働きたかったので就職活動をして、次女は保育園に入れたので良かったのだが、長女は学童へは行かなかった。

彼女はクラブのない日に学校から帰ると、順番はわからないが結構なタスクをこなしていた。

  • おやつを食べる
  • 遊びに行く(天気が良ければ外に)
  • 洗濯物を取り込んで畳む
  • 風呂掃除をする
  • 宿題をする
  • 米をとぐ

そしてさらにルールを設けていた。

  1. 親(私)の許可なくして、友達の家に行ってはいけない
  2. 親のいない時に友達を家に入れてはいけない
  3. TV・DVDは1日30分まで

近くに図書館と児童館があったので、月曜日でなければそこで遊んだりすることも出来、それなりに過ごしていたのだろう。だが、「TV・DVD30分」をしっかりと守っていた彼女は日が暮れるのが早くなると、ラジカセが欲しいと言った。音が欲しいと。何とも真面目な子だった。誰の子だろう。と同時に、音もなく、淋しい思いをさせていたことを私は反省した。

私は毎日保育園に次女を迎えに行ってから帰宅するのだが、長女は「保育園を出るときに連絡を入れて」と言う。そのタイミングで風呂を沸かすらしい。連絡を入れ忘れると「何で連絡をくれなかったの!」と叱られる。新婚夫婦のようなやりとりだ。帰ると、風呂は沸き、洗濯物は畳んであり、米はといである。本当に助かる。できた子だ。

淋しい思いをさせながらも、なんとか親子3人というか、長女の協力のもと働いていたのだが、冬になって忘れていた日本の学校のシステムが到来した。そう「学級閉鎖」だ。3日間だったか、1週間だったかもう忘れたが、働く親にとっては悪魔のようなこのシステム。バリバリ健康な子供が学校に行けない。仕事も休めない。おそらく時間を持て余すであろう彼女に私は「火は絶対に使ってはいけない」と言い、近所の八百屋への買い物と、夕食の下ごしらえを頼んだ。

それでも数日は学校へ行けないので、相当時間が余っていたのだろう。家に帰ると、「ママ、ママ、見て」という。ピカピカになっていた。台所と風呂場の排水溝が。「大変だったんだから」と。驚くほどきれいになっていたのだが、それ以上に排水溝をきれいにしようと思った彼女にびっくりした。なんて気の利く子なのだろう。

この頃を境に「良い子だったピーク」は過ぎ、手を抜くことも、適当にごまかすことも、まぁ当たり前だが色々と覚えていき、もうあの頃の姿はないと言って過言ではない。いつまでも続くわけがない。

私のことを「なんでも片付ける、なんでも捨てる、細かすぎる」という娘たち。長女はもう家を出て行ったので、自分の基準の「きれい」な生活をしていたり、していなかったり。そして、実家に帰ってくれば「ゲストモード」。もう二度と戻ってこないかつての日々を振り返り、小3の頃の長女を懐かしむ。