油揚げグルグル巻きトマト煮込み(節約料理)

油揚げグルグル巻き

油揚げで鶏むね肉のひき肉を巻いて、トマトソースで煮込む。油揚げにトマトソースがしみこんでとても美味。油揚げでボリュームアップするのに、イソフラボンでヘルシー。見栄えも良し。パスタやバゲットと一緒に食べても美味しい。

材料(油揚げ5枚分)

<グルグル巻き>
油揚げ5枚
鶏ひき肉250g
木綿豆腐80g
片栗粉大さじ1
1つまみ半
ケチャップ大さじ1
玉ねぎ½個(約130g)
人参・れんこん・えのき各40g
オレガノ・ローズマリー・タイム・こしょう各少々
ほうれん草適宜(7-8枚)
<トマトソース煮込み>
玉ねぎ½個(約130g)
1つまみ
トマト缶1缶
50ml
ワイン(or酒)大さじ2
ケチャップ大さじ2
オレガノ・パプリカ・こしょう各少々
ガーリックオイル大さじ2

作り方

1. トマトソースを作る:玉ねぎを切る→炒める(途中で塩一つまみふる)→トマト缶を入れる→水・ワインを入れて15-20分くらい煮る→ケチャップ・ハーブを入れる

2. 揚げを上から押して、空気を抜き、後で袋を開けやすくする。沸騰したお湯に油揚げを入れて油抜きをする→湯切りして冷ます

💡必ず油抜きをしっかりと!!!

3. 種を作る:玉ねぎをみじん切りして塩をふりかけてしばらく置く(水切り)→他の野菜をすべてみじん切りにする

4. 鶏ひき肉に豆腐と片栗粉を入れて良く混ぜる→野菜、調味料、ハーブを順にいれてさらに混ぜる

💡ビニール袋を使い、破れないように注意

5. 3.の油揚げの一辺を切って開く。切った油揚げは4.の種に入れる。

6. 5.の油揚げに肉種→ほうれん草の順番に具をのせてクルクルと巻く。巻いたところは爪楊枝で閉じる

7. 1.のトマトソースに入れて片面6分ずつを目安に弱火で煮る

8. 1本を4等分に切り盛り付ける。好みでガーリックオイルをかける。

味の決め手は

この料理のポイントはとにかく「油抜きをしっかりと」だ。これをしないと、トマトソースを油揚げが吸ってくれなくて美味しくならない。和風ももちろん美味しいのだが、トマトソースとのコラボも美味しいしきれい。粉チーズをかけたり、肉種にチーズを入れるとこってりとするのでお好みで。

油揚げ・豆腐・鶏ひき肉がメインなのでお財布にも優しい。買い置きのトマト缶があれば、困ったときの節約料理に。パーティーでも意外性があって楽しめるよ。

焼き芋 節約おやつ

焼き芋  

肌寒くなってくると食べたくなる。塩水に30分浸すのがポイント。これでグッと甘くなる。何の加工もしないのにこの甘さ。離乳食にもなるし。財布にも優しいし。幸せ~。

材料(さつまいも小5個分)

さつまいも5本(530g)
小さじ2

作り方

1. さつまいもがしっかりかぶるくらいの塩水にいもを30分浸す

2. 蓋をして中火で片面8分ずつ焼く

2. 中火で片面8分くらいを目安に焼く→串を刺してすっと通ればOK→数分蒸らす

💡焦げ目がつく火の強さが目安。最近のガスコンロは勝手に火の加減をするので(火事防止)カセットコンロでやると良い。

💡右は中4本を焼いたとき。焼き時間は長くなる。片面10-12分くらい

💡いらなくなった(テフロン加工などの)深底のフライパンに石を敷き石の上にさつまいもを直接のせて焼くと美味しい「石焼き芋」ができる(写真はイメージ:我が家の鉄の中華鍋)

3. 完成

シンプルだから美味しい

長女も次女もアトピー性皮膚炎で、子供たちが小さかったころ添加物や砂糖をなるべく使わないおやつを作っていた我が家の定番。焼いて友達にお裾分けすることも多く、かなり喜んでもらえるので嬉しい。

ガスでやった方が早いし、光熱費も少なくて済む。上に書いたように古いフライパンと石で出来るので試してみて。この方法は、20年近く前に夫の田舎の祖母のところへひ孫(長女)を連れて遊びに行ったら、古いフライパンではなく、もっと立派なものだったけれども、石を敷き詰めた鍋で米ナスを焼いてくれた。みそだれと一緒にトロトロのナスを食べてとても美味しかった。帰ってから、古くなったフライパンと石で真似したら本当に美味しくて笑

満月の中で月を愛でる猫(パンプキンチーズケーキ)

パンプキンベイクドチーズケーキ

かぼちゃとクリームチーズの相性がとても良い。かぼちゃの皮で作った力作?の猫。結構楽しい。子供も大喜び。かぼちゃを使うとコクは出るし、カロリーは控えめになるしで大人もハッピー。ハロウィーンの夜はお月様の中の猫を探して。

材料(18㎝型:写真は22㎝型)

<土台部分>
クラッカー(orビスケット)80g
バター40g
<チーズ部分>
クリームチーズ100g
かぼちゃ(皮を除く)100g
少々
砂糖70g
2個
ヨーグルト💡150g
小麦粉大さじ3
<飾り>
かぼちゃの皮(ゆでたもの)適宜

💡濃厚にしたい場合は生クリームを使って

作り方

1. かぼちゃは皮を飾りに使うことを意識して、少し大きめの大きさに切る→鍋にかぼちゃを入れて⅔の水がかぶるくらいに水を入れる→塩少々を入れ落し蓋をしてひと煮立ちしたら弱火で10分ほど煮て(竹串で確認して)容器に移して粗熱を摂る

2. 厚めのビニール袋にクラッカーを入れて粉々になるように割る(綿棒を使うとよい)→溶かしバターを入れて混ぜる→焼き型に敷き詰めて冷蔵庫で寝かせる

3. クリームチーズをボールに入れて常温に戻しておく→クリーム状に混ぜる→砂糖を3回くらいに分けて混ぜる→卵を入れて混ぜる→1.の熱をとったかぼちゃを入れて混ぜる

4. 3.を裏ごしする→ヨーグルトを3回に分けて入れる

5. 小麦粉をふるいながら3回くらいに分けて入れて混ぜる

6. 2.を冷蔵庫から出して、5の液体を入れて焼く。170度で余熱をして、45分を目安に。(写真は22㎝で33分焼いた)

💡オーブンによって焼き時間は変わるので様子を見て

7. ケーキを焼いている間に、皮で工作を。いろんなデザインを考えると楽しいよ。

8. 飾りを付けて完成  

やっぱり子供の発想はすごい

可愛い黒猫をモチーフに何かハロウィーンらしい、スイーツを作りたいなと思って、猫のデザインを考えたのだが、娘は「月の中に猫がいる」と言いました。ケーキ自体が満月に見えると。やっぱり子供の視点は違う。

かぼちゃは生だと硬いし、茹でると柔らかくて繊細なのでちょっと大変。キッチンバサミより包丁で丁寧に切った方がやりやすいのと、〇はクッキーの型の取っ手の方やストロー(普通サイズとタピオカサイズ)を使うと良い。

丸ごとかぶの煮物 

かぶの煮物(柚子みそ添え)  

冬~春が旬のかぶを丸ごと一個、コトコト煮て。優しい味。鶏ひき肉を入れて、そぼろあんかけにするとボリュームアップ。

材料(4個分)

<かぶの煮物とあんかけ>
かぶ小4個(約210g)
かぶが⅔かぶるくらい
粉末出汁小さじ1
液体出汁大さじ1
一つまみ
醤油大さじ1
みりん大さじ1
大さじ1
水溶き片栗粉水:小さじ4 片栗粉:小さじ2
<柚子みそ>こちらのページにも
みそ少々
砂糖小さじ2½
白ごま200ml
乾燥ゆずの皮(生でもOK)小さじ½

作り方

1. かぶはへたを切り、下手の方と頭の方両方に十字の隠し包丁を入れ、鍋に入れて水をかぶが⅔かぶるくらいに入れ、アルミホイルで落し蓋をする→一度沸騰させてから弱火にして12分~15分くらい煮る→調味料(水溶き片栗粉以外)をすべて入れて5分煮る→5分余熱で蒸らす

2. かぶを煮ている間に、柚子みその準備:小さいすり鉢にごま→砂糖→味噌の順に入れて練り合わせ、最後に乾燥ゆずを刻み入れる

💡生のかぼすやゆずの皮をみじん切りにして入れてもOK その場合は早めに味噌田楽などにして食べきって

3. 1.のかぶに串を刺して柔らかければ器に移して、汁を沸騰させ水溶き片栗粉を入れる(鶏ひき肉を片栗粉を入れる前に入れても美味しい)

4. 3のあんかけをかけ、かぶの葉っぱと柚子みそを添えて完成

圧力鍋でも

小さめのかぶでもそこそこ時間がかかるので、大きめのかぶで作るときは圧力鍋を使って作る。味噌の種類(白みそ、麦みそ、合わせみそ、田舎みそ)を変えるとまた風味も変わる。ちょっと手間だけれども、食卓に上品?になる一品。

穴子ちらし寿司と汁物

穴子ちらし寿司と汁物  

前日に焼いた穴子の白焼きを使って、ちらし寿司とお吸い物。穴子の頭からとても美味な出汁が出て上品な一品に。前夜の白焼きとはまた違った味わいに。

材料(2人前)

<ちらし寿司>
●穴子●
 穴子白焼き約18㎝
 しょうゆ大さじ1
 酒大さじ½
 みりん大さじ1
 砂糖大さじ½
 塩一つまみ
●錦糸卵●
 卵
 醤油
 塩

1個
小さじ1
小さじ⅓
●きゅうり●
 きゅうり
 塩

1本
2つまみ
●すし飯●
 ごはん
 合わせ酢
 白ごま
 青じそ(乾燥でも可)

1合½
大さじ3
小さじ1
2枚
<汁物>
穴子の頭1つ
昆布だし150ml
250ml
1つまみ
大さじ1
醤油大さじ2
しめじ
わかめ
ネギ
15-16本
大さじ1
2㎝分

作り方

1. ご飯を炊き、合わせ酢を入れてすし飯を作り、白ごまを入れる

2. 卵に調味料をすべて入れて錦糸卵を作る。きゅうりは薄い輪切りにして塩もみして、水気を切る

3. 鍋に穴子を炊く調味料をすべて入れひと煮立ちしたら穴子の皮目を下に入れて弱火で4分煮る。途中でスプーンで汁をかける。

💡焦がさないように注意

4. 穴子を適当な大きさに切る→すし飯の上に(乾燥シソ)きゅうり→錦糸卵→穴子→青じそ(あれば)盛り付ける→最後に穴子の煮汁をかける

5. すしと吸い物をよそって完成

甘さの加減は自分で

「ほんのり甘辛い」くらいの味付けで穴子を炊いていて、すし飯によく合う。お吸い物も穴子の頭から出汁がしっかりと出ていて、香ばしく、上品な味だ。余るところなく食べ尽くして大満足。前夜の白焼きとは全く味わい。いろんな食べ方が出来て、心もお腹も満たされる☆

穴子の白焼き

穴子の白焼き(グリルでも炭火でも)  

時々しか行かない、徒歩15分くらいの隣の駅のスーパーで鳥取産の穴子が一匹。穴子一匹を料理したのは初めてだが、想像以上に美味しい。ビタミンやミネラルが豊富。初の食材を調理するのはとっても楽しい。と言っても焼いただけなのだが(夫が)。

材料(一匹分 約50㎝ 生の状態)

穴子1匹
小さじ1
二つまみ
レモン(柚子)胡椒・わさび・梅肉好みで

作り方

1. 穴子全体に塩と酒を振りかけ、頭と胴体を半分に切る(頭は汁物にする)

💡皮が結構しっかりとしているので、出刃包丁やよく切れる包丁で切り、身をつぶさないように注意

2. 中火で皮目から7分→ひっくり返して2分焼く

💡炭火で焼いているのだが、蓋があるタイプのBBQセット。魚焼きグリルでも同じくらいの時間を目安に。

3. レモン(柚子)胡椒・わさび・梅肉・塩で召し上がれ

シンプルだから美味しい

白焼きが好きで、とてもふっくらとして美味しかった。焼くだけなのに、脂がのっていて、旬の食材に感謝。お酒がすすむ♪ 半分弱を穴子のちらし寿司と汁物にしたので、こちらも次回アップするので見てもらえると嬉しい。

ハロウィーンパンプキンバーグ

パンプキンバーグ

こんな大きいかぼちゃのお化けが食卓に並んだら、目が楽しい。かぼちゃと玉ねぎの甘味に、ハーブのアクセントが美味しい。大きいのが難しければ小さいのをいくつも作るのもまた楽しい。お弁当にも入れられるしね。かぼちゃのゆで汁もホワイトソースに変身。ハンバーグの半分が野菜と豆腐なので、ガッツリ食べても罪悪感なし。パーティーが盛り上がるよ。

材料(4人分)

<パンプキン部分>
鶏ひき肉450g
かぼちゃ(皮含む)
皮を除くと200gくらい
250g
玉ねぎ100g
3つまみ
ケチャップ10g
木綿豆腐50g
片栗粉大さじ1
<帽子部分>
ナス1本
一つまみ
<ホワイトソース>
かぼちゃのゆで汁50-70ml
2つまみ
小麦粉大さじ1
バター10g
押し麦(水で戻したもの)💡1大さじ1
牛乳大さじ1
こしょう少々

💡1 押し麦がなければ小麦粉を+大さじ½で代用

💡食卓にそのまま載せられるような、フライパンや鍋でやるのがおすすめ

作り方

1. 秋鮭に酒を振りかけて軽くもみ、グリルで焼く(片面4分→ひっくり返して2分を目安)

2. かぼちゃの皮を剥き(できるだけ長いまま残す(口の部分にするため)実は一口大に切る→玉ねぎは薄切り→鍋にかぼちゃ・皮・玉ねぎを入れて⅔の水がかぶるくらいに水を入れる→塩一つまみを入れ落し蓋をしてひと煮立ちしたら弱火で10分ほど煮て余熱で5分ほど火を通す

💡皮は形を作っていくので煮すぎに注意。途中で火加減を確認して。

3. ナスが帽子らしくなるように写真のように切り、皮の表面に斜めに隠し包丁を入れて塩をふる(もう少し皮部分を切った方が良い。実際はもっと使った)

4. ビニール袋にかぼちゃと玉ねぎ以外のひき肉・豆腐・調味料をすべて入れて、豆腐をつぶしながら良く混ぜる

5. かぼちゃの皮で顔を作る

6. 4.のひき肉種にゆでたかぼちゃと玉ねぎを入れて良く混ぜる

💡熱いので、タオルなどを当てて混ぜるとよい

7. 熱したフライパンに5のタネを入れ、帽子・顔を作る→弱火で15分→余熱5分焼く(蓋をする)

8. かぼちゃをゆでた汁に小麦粉がだまにならないように入れて良く混ぜる→バター・塩コショウを入れて良く混ぜる→押し麦を入れて弱火でとろみがつくまで良く混ぜる→牛乳を入れて混ぜる(約5分くらい)

9 盛り付けて完成  そのままでも、ホワイトソースをつけて食べても

その昔・・・

英語圏の国で小学生時代を送ったので、近所の家を回って楽しかった思い出が。子供たちも海外育ちでインターに通っていたので、学校でもマンションでもパーティーをしました。懐かしい。昔は可愛かった笑 洋服をリメイクして衣装もつくって、マメだったな笑

大人の黒コショウ秋鮭クリームチーズディップ 【レシピブログの「小さじ一杯でスパイス使い切り大作戦!」レシピモニター参加中 】

黒コショウで秋鮭クリームチーズ

スパイス使い切り料理レシピ

スパイス使い切り料理レシピ  スパイスレシピ検索

旬の秋鮭とクリームチーズに黒コショウをアクセントに大人味に。かぼちゃのタネの触感も楽しい。パンやクラッカーにつけてオードブルに。サンドイッチにしてもとても美味しい。混ぜるだけで前日に作り置きも可能。黒コショウの風味がクリームチーズと秋鮭との相性がばっちり。

材料(4人分)

黒コショウ小さじ1
クリームチーズ100g
生秋鮭💡70g
小さじ½
南瓜のタネ(乾燥/無塩)10g
パセリ(生or冷凍)小さじ3
(いくら・パセリ)飾り用

💡クリームチーズの塩分が強いので、塩鮭ではなく、無塩のものを使うのが良い。

作り方

1. 秋鮭に酒を振りかけて軽くもみ、グリルで焼く(片面4分→ひっくり返して2分を目安)

2. かぼちゃのタネをフライパンで乾煎りする(4-5分くらい)

3. クリームチーズに皮と骨を取った鮭、かぼちゃのタネ、黒コショウ、パセリ、を入れて良く混ぜる

4. 器に盛り付けて、パセリとイクラを飾って完成

作り置きができるので

パーティーの前日に作り置きができるので、とても便利で、見栄えがする。秋鮭も予め焼いてほぐしておけば(冷凍もOK)混ぜるだけなので、子供に任せるのも良い。

作り置き料理(秋鮭白子の燻製)

秋鮭白子の燻製

秋の味覚の鮭の白子が大好き。白子全般が好きなのだが、燻製には秋鮭の白子が一番いい!BBQにはぶりの白子が良い。グリルで焼いて醤油とかぼすでも美味しいが、燻製も絶品!! 毎回「燻製シリーズ」を見てくださっている方はお気づきでしょうが、基本的に食材が変わるだけで工程は一緒なので試してください。

材料(1パック)

白子約180g
2つまみ
小さじ2
醤油大さじ1
りんごのチップ(桜でもOK)💡一つかみ(写真参照)
マスタード適宜

💡桜とくるみのチップは100円ショップでもみかけたが、りんごはホームセンターで買える。桜よりりんごの方が風味が柔らかいので、淡泊な食材に向いている。

作り方

1. 白子の中に調味料をすべて入れて良くもみ、数時間~一晩寝かせる

💡白子を漬けた調味料は捨ててしまうので、1.5倍くらいの白子の量でもOK

2. お盆に網を乗せて、その上に砂肝を乗せて数時間(約3時間)干す(途中でひっくり返す)

3. 調理器具にりんごのチップを敷き、白子を片面各15分焼いて5分余熱で取り出す。

💡 こんな↑調理器具はないと思うので、いらなくなったテフロン加工の深鍋の上にチップと網のせて蓋をすればOK(下はイメージの写真でうちの鉄の中華鍋)

4. 適当な厚さに切って盛り付けて完成

作り置きができるので

週末作って、平日の夜の晩酌に少しずつ食べるのも秋の夜長にちょうど良い。ババゲットやトーストの上にちょっぴりオリーブオイルをかけてオードブルにも最高。うちの子供たちも大好き。

平日のお買い得な時に白子を買って、酢醤油に漬けておけば週末にすぐ調理できるしね。酢を入れるだけで臭みも取れるし、日持ちもするよ。

フライパン一つ 秋鮭と鶏肉のポテトグラタン

秋鮭と鶏むね肉のグラタン  

これからの季節に食べたくなるグラタン。フライパン一つで出来ちゃうので、とても簡単。鱈、エビ、ベーコンなど具材を変えてもおいしい。おもてなしでも喜ばれる。

材料(2人分)

秋鮭約60g
鶏むね肉約150g
えのき約60g
しめじ約60g
エリンギ小2本(約40g)
玉ねぎ小3個(約200g)
白菜約200g
じゃがいも約100g
ブロッコリー4房(約60g)
4つまみ
こしょう少々
小麦粉小さじ2½
牛乳200ml
バター20g
チーズ80-100g
冷凍パセリ少々

作り方

1. えのきは1.5㎝くらいに、しめじはほぐす、エリンギは5㎜くらいの厚さにする。玉ねぎと白菜は千切り、じゃがいもは5㎜くらいの厚さに切る。鶏むね肉は削ぎ切りにする。

💡鶏のむね肉は削ぎ切りにすることで、柔らかく仕上がる

2. 鉄板を熱して薄く油を敷き、玉ねぎを弱火で少ししんなりするまで炒めたら、塩を二つまみ入れてさらにしんなりするまで炒める

💡玉ねぎが茶色くならないように注意

3. 中央を空けて、薄く油を敷き、じゃがいもに火を通す(途中でひっくり返す)

4. 白菜を入れ、しんなりしたら、鶏むね肉、塩大さじを入れて炒め、肉に7分くらい火が通ったらキノコ類を入れてさらに炒める(弱火)

💡野菜から水分が出てくるよう、茶色くならないように、肉は火を通しすぎない

5. 秋鮭を一口大の大きさに切り、小麦粉を魚の両面に振りかける

6. 4.のきのこがしんなりしたら、3回くらいに分けて小麦粉を入れて混ぜる→真ん中を空けて牛乳を⅓入れ、牛乳が温まったら周りの具に絡めて混ぜる。真ん中を空けて牛乳を入れ、温まったら周りと絡めるをあと2回繰り返す。

💡焦がさないように、弱火で丁寧にやる

7. 6に秋鮭を入れて蓋をして3分煮て、塩一つまみとこしょう・バターを入れて鮭が崩れないように混ぜる

8. グラタン皿に7を入れて上からチーズをかけてグリルで3分ほど焼く(残り1分くらいで茹でたブロッコリーを入れる)

9. パセリをのせて完成

マカロニにしても

・じゃがいもでなく、マカロニをゆでて「7」の後に入れて混ぜればOK

・カロリーを控え目にするために鶏むね肉を使っているが、モモ肉でもOK

・大きい器に入れたり、紙コップに入れてパーティーでも喜ばれる

りんごのコンポート(秋の味覚)

赤ワインコンポート

材料(りんご2個分)

りんご中~大2個
一つまみ
A:みりん50ml
A:赤ワインor白ワインor酒50ml
※甘めが良ければみりんを多めにして
 Aの合計が100mlくらいを目安に

作り方

1. 林檎を12等分に切って鍋に敷き詰めて塩をふる(リンゴの水分を出す)ワインとみりんをいれて落し蓋)アルミホイルをして中弱火で煮る始める

2. 7-10分くらいすると林檎から水分が出てくるので、弱火にして20分煮る。途中で面をひっくり返す(崩れないように注意)

3. 合計30分程煮たら鍋のまま粗熱を取る(味がしみこんでいく)

💡林檎自体の水分量もあるので焦げないように注意

4. シナモンをかけても、ヨーグルトやアイスクリームに添えても

好きな甘さ、好きなお酒で

・砂糖よりみりんを使うと香ばしくなって美味しい

・しょうがを入れても美味しいよ

・コンポートを使ってケーキも

土鍋茶わん蒸し(鍋一つ・ハサミ一本で調理)【レシピブログの「タカラ本みりんレシピコンテスト2020」参加中】

タカラ本みりん簡単料理レシピ
タカラ本みりん簡単料理レシピ

土鍋茶わん蒸し

材料(2人分)

豆乳100ml
液体出汁(昆布と椎茸の戻し汁)100ml
1個(約70g)
タカラ本みりん小さじ1
醤油小さじ1
2つまみ
※にがり1ml(3滴)
三つ葉数本
椎茸(戻したもの)2枚
(うどん・ささみ・エビなど好みで)

作り方

1. 三つ葉は茎と葉に分けて、茎を1㎝くらいにキッチンバサミで切る。椎茸もキッチンバサミで2-3mmの暑さに切る

2. 卵を箸で泡立てないように混ぜる

💡白身を箸で持ち上げて切るようにすると簡単

3. 2.に豆乳と出汁を数回に分けて入れ、泡立てないように混ぜる

4. 塩、みりん、しょうゆ、にがりを入れて混ぜる(※にがりがなくても出来るが少し柔らかくなる)

5. 三つ葉の茎と椎茸を入れる

6. 弱火で12分・蒸らし10分

7. 三つ葉の葉を飾って完成

秋・冬・春にぴったり

土鍋で調理して、そのまま食卓へ。洗い物が少なく、土鍋は冷めにくいのでこれからの季節にぴったり。ちょっと一品欲しいときに、簡単で見栄えも良いので。葉物は小松菜でも美味しいよ。夏には冷やして食べるとこれまた美味しい。

受験生にも

うどん・かまぼこ・ささみなどを足して、夜食にも最適。消化も良く、栄養バランスもばっちりで心も体も温まるよ。

どんぶりで作って電子レンジでも出来るはず。

【レシピブログの「タカラ本みりんレシピコンテスト2020」参加中】 コトコトかぼちゃプリン

タカラ本みりん簡単料理レシピ
タカラ本みりん簡単料理レシピ

コトコトかぼちゃプリン

材料(4個分)

タカラ本みりん150ml
かぼちゃ100g
50ml
1個(約70g)
牛乳 100ml
塩 少々(½つまみ)
かぼちゃの皮飾り用

作り方

1. かぼちゃの皮を剥き、厚さ3㎜くらいに切る。皮は飾り用に星型に切る。

💡皮は固いけれども型抜きを使ってもできる(タオルを上に敷いて体重かけて)

2. 1.を鍋に並べ、水50mlと塩少々を加え、弱火で10分火が通るまで煮る。

💡アルミホイルで落し蓋をして(真ん中に穴開けて)

3. 卵を箸で切るようにして混ぜる(泡立てないようにする)。

4. 3.に牛乳を3回くらいに分けて泡立てないように混ぜる。

5. 4.を丁寧にこす。

6. 2.の火を止めて飾り用の★は別の皿に取り分ける。

7. 2.の煮たかぼちゃとみりんをミキサーに入れて混ぜる。

8. 7.を火にかけて弱火で20分煮る。

💡このまったりとした作業によってコクのある旨味がでるので頑張って※

9. 水につけて粗熱を取ったら、5.の卵牛乳液を3-4回に分けて丁寧に泡立てないように混ぜる

10. 9の液体を容器に入れて、鍋またはフライパンに容器が半分くらい隠れる水を入れる

11. 蓋をして火にかけ、沸騰したら弱中火5分→弱火9分で火を止める

12. 粗熱を取ってから冷蔵庫で十分に冷やす。飾りをつけて完成

※8の作業が面倒な人には

6.の時点(かぼちゃが煮えたら)でみりんを鍋に入れて2分ほど煮る(アルコールを飛ばす)

8.の作業を飛ばして、あとは手順通りに作れば完成

是非是非じっくりコトコトかぼちゃとみりんを煮詰めて

コトコトに詰めないとどんな味になるんだろうと煮詰めないバージョンも作ってみた。コトコトしなくても、確かに十二分に美味しいのだけれども、比べてみると20分頑張っただけあって歴然と差が出る。かぼちゃとみりんがお互いを引き立て、濃厚な美味しさになるので試してみて!!!

牛乳の代わりに豆乳でも美味しい。今度、サツマイモや栗でも試してみるね。

秋鮭のホイル焼き(ハサミだけで料理)

 秋鮭のホイル焼き

材料(2人分)

秋鮭200g
長ネギ15㎝
しめじ12-15本
エリンギ 中2本
エノキ12-15本
小松菜2-3枚
カボス 1片
塩 2つまみ X 2
醤油(ポン酢)小さじ2 X 2
大さじ1 X 2
ガーリックオイル
 or バター
大さじ1(15g)X 2
胡椒適宜

作り方

1. カボス以外の食材をキッチンバサミで適当な大きさに切る

2. 小松菜の茎→キノコ→長ネギ→鮭の順に鮭を一番上にして並べ、塩、酒、しょうゆ、ガーリックオイルもしくはバターを振りかけて、アルミホイルで包む。

3. 12-15分くらい秋鮭に火が通るまで焼く。焼き上がり2分前に小松菜の葉っぱを入れる。

💡バターを使う場合は鮭の下に置くと焦げにくい

4. カボスを切って(これは包丁の方がいい)完成

💡 カボスが面倒だったら、醤油の代わりにポン酢を使って

好きな具材で

・魚を冬には鱈や鯛、夏はホタテや海老、春は鰆にするなど、季節の魚に

・味付けを醤油ではなく味噌にしたり、塩とハーブを入れて洋風に

・長ネギの代わりに玉ねぎに

組み合わせ次第で無限に美味しくできるよ。ささみを使うのも良いね。