時短カルパッチョ(作り置きソースで)

たこのカルパッチョ

疲れているときのお助け一品。時間があるときに洋風ソースを作っておくのがポイント。とにかく食べたいお刺身とか、お得なお刺身を切ればOK。見た目も華やかで、つまみにもなる。お酢の効いたソースで今日もお疲れさまでした。

材料(2人前)

北海生たこ(ゆでだこも可)約100g
洋風ソースこのページを見て
しょうゆ小さじ¼
ミニトマト4個
青じそ5枚

作り方

1. 青じそ:皿にのせる トマト:半分に切る たこ:薄く切る

2. しその上にタコを並べる→中央に洋風ソースと醤油を少し垂らす→トマトを飾る→完成

野菜もとれる

酢は心身ともリフレッシュしてくれて我が家では欠かせない調味料。作り置きして1週間くらいで食べきれるソースでカルパッチョ。仕事でクタクタであまりメニューを考えたくない時に良い。トマトにかけて食べても美味しい。タンパク質と野菜をバランスよく食べると、心も身体も満足する。バゲットとワインとチーズで今日も頑張りました。

土鍋ご飯

ご飯(土鍋で炊く)

材料(1パック)

米 2合
400ml
酢(穀物酢)小さじ2

作り方

1. 米を研ぎ、水を入れて冷蔵庫で冷やす

2. 土鍋に1.と酢を入れる

3. 強火で炊き始め、沸騰したら弱火で5分→蒸らし5分

💡我が家はタッパーに6合水を入れて冷やしている。好きな分だけ使う

💡酢を入れると殺菌作用があり、弁当の時に安心(全く酢の匂いはしないよ) 

みょうがの甘酢漬け(合わせ酢を使って)

みょうがの甘酢漬け

材料(1パック)

みょうが 8本(好きな量)
合わせ酢 150ml

作り方

1. 水洗いしたみょうがを縦半分に切り、その後横に切る(そのまま丸々漬けてもOK)

2. みょうががひたひたにかぶるくらいの合わせ酢を入れる

3. 数時間したら食べられる(丸々漬けたら一晩くらい置いた方がいい)

💡余りそうになったら、腐らせる前に甘酢漬けにして。丸々漬けたらお酒のおつまみにも美味しい。

💡そうめんやうどんに入れても美味しいよ 

作り置き調味料(お酢編)

合わせ酢

材料(500ml瓶)

米酢300ml
砂糖(or三温糖orきび糖) 50‐80g(好み)
昆布 7㎝
厚削り鰹節20g(数枚)
小さじ1

作り方

1.昆布は細く刻んでうまみが染み出るようにして、 すべての材料を瓶に入れて混ぜる

💡・甘さは自分で加減しながら入れるとよい

💡・すし飯や漬物を作るときにもこれがあればOK

💡・なくなる前に米酢、砂糖、塩をつけ足しながら使って

💡・ガーリックオイルと合わせてソースやドレッシングにも

邪道だけれど・・・

瓶は洗って乾かしたら、穀物酢を大さじ1程度入れて全体に行きわたるようにして殺菌しています。(酢は捨ててね)とても簡単。

夏のサワー

ブルーベリーサワー

材料(400ml瓶)

ブルーベリー50g
リンゴ酢 100ml
氷砂糖 100g
(果物:酢:氷砂糖=1:1:1)

下準備

・きれいに洗った空き瓶に熱湯を注いで捨て、粗熱をとる

・穀物酢大さじ1を瓶に入れて、瓶全体に行きわたるように瓶を回す

・酢は捨てる

作り方

1.氷砂糖と果物を交互に入れる

💡 ブルーベリーは水で洗って水気をとっておく

2.りんご酢を入れる

3.翌日から1日1回混ぜる (1週間後から飲める)

💡 ・炭酸で割るとすっきり爽快

 ・牛乳とヨーグルトで割るとブルーベリーヨーグルトドリンクに

 ・果実はパイン、キウイ、冬だったら柑橘類やリンゴもおいしそう

 ・氷砂糖ではなく、普通の砂糖でも大丈夫

邪道だけれど・・・

空き瓶の煮沸消毒ってどう考えても面倒で、梅酒や梅干しもこの「下準備」の方法で行っています。5年前の梅酒もこの方法ですくすくと育っています。簡単じゃないと面倒だもんね。