鉄分補充 レバーとハツのピリ辛焼き煮

 レバーとハツのピリ辛焼き煮

サッカーの練習から帰ってきたら、なんだかとても疲れていた。こういう時はやっぱり鉄分補給。たっぷりの旬の野菜と少し濃い目の味付けで、ごはんにもお酒のおつまみにも。小松菜は実はほうれん草より鉄分が多い。レバーと小松菜とで効率よく鉄分補給を。この日のメニューは気付いたらレバーとハツ、まぐろの漬け、かつおの刺身。よほど身体が鉄分を欲していたらしい笑

材料

鶏レバーとハツ3つ分(約200g)
 塩
 酒
一つまみ
小さじ1
生姜 1片(多目20g)
れんこん 130g
人参1本(約120g)
なす小2本(約150g)
 塩一つまみ
小松菜適量(1-2株)
唐辛子½本(好みで)
醤油・酒大さじ1½
昆布と椎茸のだし汁50ml
白ごま適宜

作り方 

1. ハツは切れ目を入れて脂肪と血合いの部分を処理する(見開きにする)→レバーは一口大に切る→塩と酒を振っておく

2. しょうが:千切り/れんこん・人参:乱切り/なす:全体に竹串で穴をあける→縦半分に切る→皮の表面斜めに隠し包丁を入れる→塩をふる→一口大に切る

3. レバーとハツを焼く(火を入れすぎないように注意)

4. 肉を取り出し、フライパンを一度洗って、れんこん・人参・しょうがを中弱火で5分程度炒める→ナス・唐辛子・調味料・肉を入れて中弱火で3分程炒め煮する→小松菜を入れて1分程さらに煮る

5. 盛り付けて完成

鉄分ってすごい

この日は、「鉄分オールスターズ」のようなメニューだったのだが、ガッツリ鉄分とたんぱく質、カルシウム、ビタミンDなども摂取して疲労回復ばっちり。「ランニングと私」のコラムでも書いたが、激しい運動をしていると身体が自然と欲するのだが、日常生活でも「鉄分」は非常に重要な役割をしているので、意識してこういうメニューを取り入れるのはおすすめ!!

レバーは豚も美味しいが、鶏の方が扱いやすいかと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中